時事ネタ

RIZIN出場決定!!話題のYoutuberシバターとは?

RIZINに人気ユーチューバーのシバターの出場が決定し、話題になっていますね!

YouTubeをあまり見ない世代にとって「誰?」という方もいるかもしれませんので、こちらの記事では、そんなシバターがどれだけスゴイユーチューバーなのか、まとめてみました!

シバターとは?

本名:齋藤光
誕生日;1985年10月18日
出身:神奈川県横浜市中区根岸町
職業:男性総合格闘家、プロレスラー、YouTuber、作詞家、作家

wikipediaより

YouTubeを始めたのが7年前の2013年ですので、黄色と黒の髪色がトレンドマークである人気ユーチューバー「ヒカル」と同時期にスタートしています。

かなりの初期メンバーですね!

日本で一番の先駆け的ユーチューバーは、やはり大スター「HIKAKIN」で、2006年にスタートしています。

YouTube自体、2005年に誕生したので、かなり先見の目がありますよね。。

ちなみに、日本で最初に投稿された動画はこちらです↓

もし、続けて動画を投稿していたら、ユーチューバーになっていたかもしれませんね(^^)

人気ユーチューバーの活動期間と登録者数

HIKAKIN:2006年スタート/登録者数:880万人
フィッシャーズ:2010年スタート/登録者数:653万人
バイリンガールちか:2011年スタート/153万人
はじめしゃちょー:2012年スタート/905万人
シバター:2013年スタート/111万人
ヒカル:2013年スタート/426万人
ラファエル:2014年スタート/179万人
水溜りボンド:2014年スタート/428万人
木下ゆうか:2014年スタート/550万人
てんちむ:2016年スタート/159万人
フワちゃん:2018年スタート/75.4万人
中田敦彦:2019年スタート/332万人
朝倉未来:2019年スタート/163万人
※チャンネル登録者数はメインチャンネルのみ

シバターのYouTubeジャンルは?

ユーチューバーにはそれぞれ得意分野やジャンルがあります。

例えば、HIKAKINチャンネルであれば、日常の面白いものを紹介するといった内容になっており、主に子供向けの内容になっているようです。

シバターはというと、メインチャンネルにおいては「物申す系」という立ち位置で活動し、炎上なども多いに活用しているようです。

具体的には、数々の芸能人時事ネタについて、持論をおもしろおかしく展開するっていう感じでしょうか。

個人的には、この「救いたい」シリーズが好きですね。

相手を茶かしているようで、コメント欄を見ると、視聴者との間で「ネタ」として確立されていることが分かりますね。

炎上した芸能人を毎回救う気満々のようですが、未だに救った実績はないようです。

シバターの収入は?

シバターが動画内で発表していますが、2020年9月の収入は250万円とのこと。

昨年の2019年9月は330万円、2018年9月は530万円だったということで、年々収入がおちているそうです。

芸能人が次々参入してきたこともあり、ユーチューバー市場も激戦区と化しているようです。

それでも、サラリーマンの年収の約半分を1ヶ月で稼いでしまうのですから、すごいですよね。。

シバターは実はいい人?

YouTubeでは、時事ネタについて持論を展開する炎上ユーチューバーですが、シバターの自叙伝「炎上商法で1億円稼いだ男の成功法則」によると、これはすべてキャラなのだそうです。

シバターの動画を見ていると、相手の悪口を言ったり、あおったりと、まさにプロレスの悪役を演じていますが、実はいい人なのではないかと言われていますね。

実際に、他のユーチューバーがシバターに仕掛けたどっきりを隠し撮りした動画を見てみると、素のシバターは腰が低く、実際はいい人なのが感じ取れますね!

確かに、ただただ炎上系なだけでは、7年も見続けてもらえるはずはありませんね。

まとめ

結局、YouTube動画もプロによって作り込まれたエンターテイメントということですね!

シバターは、RIZIN入場時に、ヒカル、ラファエル、てんちむと入場することが分かっており、4人の登録者数を合わせると、約900万人!!

今年のRIZIN視聴率はすごいことになりそうですね(^^)