ショッピング

RIZINのスポンサー【Yogibo】とは?池袋ストアで座り心地を確かめてみた!

今年のRIZINは盛り上がっていますね!

そんなRIZINの冠スポンサーである「Yogibo」が気になる!

ということで、話題の「Yogibo」について調べてみました。

Yogibo(ヨギボー)とは?


※画像はYogiboのHPよりお借りしました。

Yogibo(ヨギボー)は、今話題のビーズソファです。

従来のビーズソファと異なるのは、どの方向から座っても完全にフィットするという点です。

米国で特許申請中の新技術により、Yogiboのカバーは全て同一素材で作られているのだそうです。

従来のビーズソファは、形状を維持するために、固い面と柔らかい面の両方があるそうですが、それだと体へのフィット感がなくなります。

Yogibo(ヨギボー)は、特殊技術により、固い面をなくすことで、沈み込むようなフィット感を実現しています。

キャッチコピーは「人をダメにするソファ」なのです。

Yogibo(ヨギボー)っていくらくらいするの?

Yogibo(ヨギボー)にも種類や大きさがあり、それによって価格が異なるのですが、価格帯は2万~3万といった感じです。

人気の4つを紹介しておきますね!

「Max」:29,800円(税抜)

大人が寝そべってちょうどいいくらいの大きさです。

ソファでいうと、3人かけくらいですね。

「Short」:25,800円(税抜)

Midiと同じ大きさですが、Shortの方が、ビーズに対して、カバーのゆとりがないため、しっかり形状したいという方にはおすすめ!

「Midi」:25,800円(税抜)

Shortと同じ大きさですが、Midiの方が、カバーのゆとりがあり、寝転がったりするのによいですね。

「Pod」:25,800円(税抜)

一人掛け用ソファのような感じ。コンパクトなので、ワンルームの一人暮らしにはいいかもですね!

Yogibo(ヨギボー)はどこで買える?

オンラインにて購入可能ですが、一度その座り心地を試してみたい!という方も多いですね。

実は、全国で約70店舗もあり、その座り心地を試すことが可能です。

全国の「Yogibo store」はこちらをご覧ください。

主に、イオンなどのショッピングモールに入っているようですね!

Yogibo(ヨギボー)store Esola池袋店に行ってみた

噂の座り心地を確かめるべく、Yogibo(ヨギボー)store Esola池袋店に行ってきました。

Yogibo(ヨギボー)store Esola池袋店は、池袋Esolaの2階にあります。

住所:東京都豊島区西池袋1-12-1 (Esola池袋 2F)
電話番号:03-6709-3722
営業時間:10:30-21:30
12月31日:10:30-19:00
1月1日:休館
1月2日:通常営業

店内には様々なYogibo(ヨギボー)があり、自由に座り心地を確かめることが出来ます。

こちらが、上記でも説明した「Short」と「Midi」になります。

「Midi」の方が、カバーにゆとりがあるのが分かるかと思います。

カバーの色や柄はたくさんあり、自分好みのYogibo(ヨギボー)を注文出来ます。

まとめ

実際に座ってみましたが、従来のビーズソファとは全く異なり、一気に沈み込み、体にフィットするので、立つのが億劫になります。

確かに人をダメにしそうです。。

今は、テレワークなどで自宅時間も増えていますので、そんな自宅時間がYogibo(ヨギボー)一つでかなり充実しそうです!

私も一つ購入しようと思います。